1P-KiZ6Qリニューアルする中池袋公園に面した新しい劇場「Hareza池袋」。その開館前のイベントとして、公園に面するガラス張りのエントランスホールで、こどもたちが池袋のまちに夢を持ち、この町で生きていきたい、と思える風景をつくることが期待された。「いつか将来、池袋にお店を出すとしたら、どんなものにする?まちにどんなお店があったら楽しい?」そんな事前の問いかけに対し、自分なりの夢を膨らませ、何屋さんがよいかすでに小物などを準備持参してきたこどもたちも多かった。r5HP2091wCL8z9HRO5qwD641
QSX9RyyyxH0noN6r事前に用意しておいた「はじめてのお店ダンボールキット」を配布し、親子でそれを組み立てながら、あとは壁紙や看板、照明など自由に装飾し、小さいけれども夢いっぱいのお店ができあがった。巨大なビルのエントランスホールに、ちいさなちいさな路面店が立ち並ぶ姿は壮観としか言いようがない。未来の池袋が、大きなビルやチェーン店だけでなく、店の主の表情が見えるこんな一角があれば本当に幸せだと思った。OujhdMAX9tV5Bb7GJVac-CvA
イベント名:未来のいけぶくろのまちをつくってみよう
日時:2019年10月14日(月祝)
主催:豊島区企画制作:スターパイロッツ、NPO法人アートネットワーク・ジャパン
素材協力:わ http://www.wallart.co.jp/
場所:Hareza池袋

Comments are closed.