LWIQU-uAまちづくりプロデューサーとして関わる鳥取県智頭町。まちのことを知っていくうちに、移住者や新規出店希望者にとって一番のハードルは住居であることが分かりました。空き家、空き物件はあるものの、どれも古い一軒家で、断熱性能も低く、つまり引っ越すためのコストがかかりすぎるのです。かといって家全体を断熱するには家の規模が大きすぎるため、DIYで行ったとしてもそれなりのコストがかかってしまいます。そこで今回は断熱ではなく、智頭に豊富にある森林資源を活用した、薪ストーブによる床暖房システムを、DIYによってローコストで作れないか、というチャレンジを行いました。県内外から応募を募り、たった1日で約15万円で床暖房をつくることができました。(詳細は費用内訳参照)wcGpcHrT nQZAQpQAjO_ymXzQ 1SQjVt3g0m_JjzeQ 0P7LV4RA  
u8GW5DoW nQ28tHPQsx3Vmjma  fdulIaIg PsR63NHQuhdpyJMg WB0xAvfsbrU88LAK

BCRW3pNQ

イベント名:DIY床暖房ワークショップ@智頭
日時:2020年2月9日(日)
主催:豊島区
親方:高藤宏夫(令和建設)
主催:TEM(とっとりのエネルギーとまちづくり)
共催:鳥取県地球温暖化防止活動推進センター後援:智頭町
場所:河原町商店街旧YANAGIYA

Comments are closed.