61PaLfzc3vL._AA160_
「起こらなかった世界についての物語-アンビルト・ドローイング」

魅力的な「起こらなかった世界」のドローイング。その背後に広がる当時の社会認識と建築家が描いた世界とは? 建築史からこぼれ落ちてしまうドローイングをめぐる豊かな世界を、エッセイで巡る。図版の数々が楽しい。

[主な目次]
「無意識の惑星」ポール・ルドルフ、「幕切れの余韻」スーパー・スタジオ、「はかなく伝えるということ」ルドルフ・シュタイナー、「虚構の恍惚」ハンス・ペルツィヒ、「時をかける想像」アルド・ロッシ、「真っ当な不思議さ」アタナシウス・キルヒャー、「本気の冗談」ピーター・クック、「世界の終わりかた」エットーレ・ソットサス、「動かない世界」アルネ・ヤコブセンほか、全26事例

 

 

 

 

41474aKE0oL._SX350_BO1,204,203,200_
「こっそりごっそりまちをかえよう。」

政治家や専門家からまちをつくる権利を取り戻し、ひとりひとりの小さな夢や想像力が珊瑚礁のように集まって、こっそりごっそりまちをかえるための43の作戦。
[主な目次]

・じぶんのいえにあだ名をつけよう。
・となりのいえが空き家になったらどうやってつかうか作戦を立ててみよう。
・日本中のビルをぜんぶ横に倒して1階建てだけの世界をつくろう。
・ねこの額とうなぎの寝床のどっちが広いか、議論してみよう。
・1日何本の木を見たか、かぞえながら生活してみよう。
・電線を綱渡りしてあの子のいえまで行けるかたしかめてみよう。
・パジャマとサンダルでいえからどこまで離れられるか挑戦しよう。
・建物のなかにいる人全員の年齢を足してみよう。
・1年間で出勤時間が合わせてどれくらいになるか計算してみよう。
・ユニットバスの値段で何回銭湯に行けるか計算してみよう。
・今日1日に何人と話したか、かぞえてから寝てみよう。
・生ごみで走る新しい乗りもののネーミングとかたちを考えておこう。
・東京じゅうの人が全員参加できるマラソン大会を企画してみよう。
・いえに降った雨がどこを流れてどこに行くか、つきとめてみよう。
・いつかじぶんのこどもや孫がおおきくなったときに一緒に住みたいまちをつくろう。

などなど。