所在地:東京都荒川区
用途:下宿宿
延床面積:88.3m2
撮影:Jeremie Souteyrat
完成:2016年3月

こみち荘

等身大の国際交流

下町情緒が豊かに残る荒川区町屋。既存不適格再建築不可の木造一軒屋を女性オーナーが買い取り、下宿宿へリノベーションした。1階が共有キッチンダイニングとオーナー個室、2階に4部屋の個室がある。宿泊客は2室が長期滞在、2室が短期滞在とミックスすることで、滞在者のなかでも「先輩-後輩」のような関係が生まれ、自然で継続的なコミュニケーションが生まれやすいよう配慮している。またオーナーが同居する「下宿宿」というプログラムは、宿泊客に安心感を与え、地元ならではの情報をたくさん得るばかりか、送迎や自転車の貸し出し、フードイクスチェンジなど、細やかで楽しいサービスが自然に振る舞われる。

12140627_1041610195878649_4899348939480963904_n

IMG_4475

限られた事業費のため、オーナー自らセルフリノベーションを楽しみ、イニシャルの設計監理費用を最小限とする「成功報酬型設計監理契約」を結ぶことで、設計者自身も運営に継続的に携わることになった。みんなで楽しみ、みんなで育てるプロジェクトである。