所在地:東京都港区
用途:住居
延床面積:38.7m2
完成:2013年1月

十番のマンション

ワンルームマンションを解体する

港区麻布十番の賃貸マンションの改修。立地は良いが築年数が古く、借り手のつかない賃貸物件の価値を高めてほしいという依頼が来た。一人暮らし用賃貸という収益上、かけられるコストも限られているため、解体工事の延長のようなかたちで新しいデザインができないか考えた。室内1間仕切り壁や仕上材を撤去し、限りなくがらんどうとなったワンルームに、バスルームやキッチンが無造作に置かれているよう配置した。自分一人しかいない空間のなかで、浴室やキッチンが使われていない時間に部屋として場所を占有してしまうより、開放的に一体となっている方が、伸びやかな空間や採光を獲得できる。
ƒvƒŠƒ“ƒg

 

Apartment in Juban

Rehabilitation of rental apartment in Azabujuban, Minato-ku. The setting is good but the building was old, the request was to raise the value of the rental property which had been unrented for a while. Because funds where limited and revenue of lease was for a single housing apartment, I thought whether a new design can be made as an extension of the dismantling work.
Removed partition walls and finish materials, arranged bathrooms and kitchens to be placed carelessly in a void empty single-room. In a space all for himself, rather letting bathroom and kitchen obstruct the room when not in use, it is better to integrate under liberalization, and this acquires extended space and maximize the light entering the space.