所在地:東京都港区
用途:公衆便所
延床面積:4.6m2および14.6m2
撮影:Jeremie Souteyrat

自然なトイレ

美しい違和感をデザインする

トイレ改修前

 

東京目黒にある自然教育園内の小さな公衆便所の改修。


施設の営業が夕方までのため、トイレには照明が一切ついておらず、小さなトップライトからの採光のみで、電気も供給されていなかった。
そのため屋根を全面トップライトへ改修し、傷んだ外壁の上からステンレス鏡面仕上(1)や乾燥木材仕上(2)を施すことによって、まるで擬態動物のように周囲の自然へ溶け込む小さな建物とした。


時間や季節によって刻々と変わる周囲の風景に呼応するように、小さなトイレは美しい違和感を発しながら、自然へ溶け込んでいく。

 

 

 

Predator Toilet

Repair of a small public toilet within the Nature Educational Park in Meguro, Tokyo.

Because the facility only open until evening, the toilet had no illumination, only lighting from a small top light and no electricity being supplied.

For this reason, the entire roof was refurbished with top light, and by applying stainless steel mirror finish (1) and dry wood finish (2) over the damaged outer wall, it was made into a small building that blended right into the surrounding nature like a mimic animal.

As it responds to the surrounding landscape, constantly changing accordingly with time and season, a small toilet blends into nature while emitting a beautiful yet unnatural presence.