所在地:神奈川県川崎市高津区
用途:住居
延床面積:69.6 m2
完成:2014年10月

高津のマンション

マンションの当たり前から自由になる

新婚もしくは子育て中のカップルが、都心から少し離れた郊外の中古アパートを購入し、自分たちのライフスタイルに合った空間へ好きなようにカスタマイズする。そんな家づくりが増えている。彼らに共通するのは、個人の部屋よりは明るく広い共有スペースを好み、高価な材料の仕上げよりも、合板など自分の手でカスタム可能なものを選ぶ。

そういったDIYerともいえるクライアントに対して、建築家も従来とは違う職能やアプローチを発揮すべきである。たとえば集合住宅で当たり前と思われる水回りの位置や仕組みの再編、デザインと機能を両立させながら更新しやすい設備の仕組みなどがその一例である。

 

Apartment at Takatsu

A newly-wed or couple raising children purchases suburban secondhand apartment, customize them according to their lifestyle just the way they like. This type of housing styles is increasing. What they have in common is that they prefer a bright and spacious shared space than private rooms, and choose material they could custom by themselves such as plywood, rather than expensive material finish.

For such “DIYer” clients, architects should also demonstrate different roles and approaches. For instance, the restructuring mechanism and plumbing positions which was thought to be common sense in multi-family housing, or balancing the function and design and offering easily updated facility structure is an example.