所在地:東京都世田谷区
用途:個人住宅
延床面積:117.21m2
完成:2006年2月

ALEX

計画道路に立つ住宅

4人家族のための住宅。海外での生活が長かったため、広さに対する感覚や手持ちの家具が、通常のサイズより一回り大きく、十分な空間の気積を確保することが最大の要望だった。また、二人の子どもが楽しんで暮らしていけるように、家自体がひとつのおもちゃのようにつくってほしいという要望もあった。そこで、法規が許す最大のボリュームをまず確保し、計画道路線に掛る部分にはそれと切り離されたもう一つのボリュームを設けました。そしてそれが機能的にも見た目としても、単なる附属物とはならないように、内外を貫入する存在感のあるチューブとなるようにデザインされ、それがこの家の大きな構成となっている。
室構成はリビングダイニング(およびバルコニー)、キッチン、浴室、トイレ、主寝室、ことも部屋(およびロフト)、書斎からなり、ドアを開けると別の世界がぱっと広がっていく、ささやかな冒険のような感覚を持たせ、しかも全ての部屋が等価にどこか少しだけ現実とずれていくように、部屋のプロポーションや仕上げを綿密に決めていった。