所在地:長野県木島平村
用途:公共複合施設
(工場改修)
構造:鉄骨造地上1階建て
延床面積:1,877.79 m2
撮影:淺川敏、金子俊男
完成:2015年3月

道の駅ファームス木島平

古い工場を道の駅にリノベーション

s_29G9684

打ち捨てられた古いトマト加工工場を村が買取り、農業の六次産業化拠点として再生させた計画。農産物の加工工場以外に、マーケット、レストラン、カフェ、キッチンスタジオなどが含まれる。かつての工場を雰囲気をそのまま残しながら、村人たちの日常生活に根ざし、観光客を迎え入れる新しい公共空間となっている。

 

工場独特の空間性や特殊な構造設備などをできるだけ残しながら、まるでビニールハウスのような小屋を工場内部へと貫入させることで、内部へ採光や通風を確保し、構造補強としても機能させている。

 

通常の道の駅と異なり、加工工場を中心に、一体運営のマーケット、キッチンスタジオ、レストラン、カフェなどがあるため、施設内で無駄のない食材流通が可能となる。

sコンセプト模型

たとえばマーケットで売れ残った食材がレストランの日替わりメニューとして活用され、加工工場で乾燥パウダー化されて保存される。工場でつくられた焼きたての米粉パンがマーケットに並んだり、日替わり野菜を使ったジェラードやスムージーがカフェで販売される。

 

また、安定した販路確保を目指し、近隣の学校給食や山間部に住む高齢者への弁当の定期宅配など、施設内に留まらない流通ネットワークを確保している。

そしてこういったプロセスが裏方で集約されることなく、中央のホールを介して「見える化・すれ違う化」されることで、新しい農業のビジネスモデルとして内外にアピールされ、農村エリアに住む人々への起業意識を促す。キッチンスタジオやインキュベーターオフィスはそういった人的交流を促す場でもある。

 

 

開口の少ない工場のボリュームに、四方から「ハウス」と呼ばれるボリュームを貫入させることで、内部に光や風を導き入れ、明るく開放的なホールとして再生させた。

s130628_木島平_屋根雪+降雪

・GOOD DESIGN AWARD 金賞(経済産業大臣賞)

・JCD(日本商環境デザイン協会)デザインアワード銀賞

・中部建築賞

・AACA(日本建築美術工芸協会)奨励賞

 

 

 

FARMUS Kijimadaira

The village purchased the abandoned old tomato processing factory and revived it into a sixth industry, a project to generate new added values for the region and their agriculture. Apart from serving as an agricultural processing plant, the complex performs as a market place, restaurant, cafe and a kitchen studio. It has become a public space that is rooted in the daily lives of the local villagers and also welcoming tourists, while leaving an atmosphere of the former factory.

 

While leaving as much spatial property as possible and unique structural equipment of the former factory, we let a hut like vinyl house perforate the factory, securing enough lighting and ventilation inside, also functioning as a

Structural reinforcement.

 

Unlike ordinary road station, the food processing factory as the heart, integrally managed markets, kitchen studio, restaurants, café make distribution of wasteful foodstuffs within the facility possible.

For example, the food unsold in the market is used as the daily menu in the restaurant, some to be converted into dry powder at the processing plant and stored. Freshly baked factory made rice flour bread line up in the market, gelato and smoothies using fresh daily vegetables sold at the cafe.

Further on, to secure stable distribution channel, the network reached out to its neighborhood delivering school lunch and regular delivery of home bento for the elderly living in rural mountainous areas. These processes are not gathered behind the scenes, but are “visualized and being at cross purposes” all through the central hall. This appeals both internally and externally as a new agricultural business model and enables to promote entrepreneurial awareness to people living in rural areas. The kitchen studio and the incubator office serves as the place to encourage such human interaction.

 

By introducing a volume called “House” from all four directions into the volume of the factory with a narrow opening, we guided light and wind inside and regenerated it as a bright and expansive open hall.