所在地:淡路島
用途:農業および飲食施設
規模:鉄骨平屋建
延床面積:187.3m2
撮影:高橋菜生

Greenarium 淡路島

農業の新しい風景

IT技術を駆使して新しいトマトやいちごの栽培を手がけるオーナー。生産だけにとどまらず、収穫自体の楽しみや、その食材を調理加工する過程、そして絶景のなかでそれらを食するまでの一連の体験を目的とした新しい農業体験施設が「Greenarium」である。オランダから輸入した巨大な農業用ハウスや、そこに宙吊りにされる巨大ないちごのラック、センシング技術により環境コントロールされたハウスのさまざまな機構。従来の農業のイメージを覆すさまざまな仕掛けに呼応するように、飲食施設もデザインされた。
隣接するトマトハウスから連続するようなメタリックなボリュームが、地形に沿って緩やかにカーブして配置される。座席は屋内、半屋内、縁側デッキと三層になっており、その奥には瀬戸内海越しに神戸の街の風景が望める。フルオープンの折れ戸サッシはあえてガラスを用いず、ホームセンターで購入したビニールシートを貼った。広大な敷地にさまざまな農業施設が点在し、今後も発展していく予定である。一次産業の生産の場こそが、実は一番豊かで楽しく、教育的で、格好いいのだ。

Greenarium AwajiIsland

New landscape of agriculture
TheOwnergrows new types of tomatoes and strawberries using IT technology.Thisnewly built agricultural experiencefacility“Greenarium”offers something beyondproduction. The purpose is toexperienceandenjoy harvestits self, followed bytheprocess of cooking them and finally to taste them under a superb view.What you would see are various mechanisms of a huge agricultural house importedfrom the Netherlands, a huge strawberry rack suspended inside the house, and a housecontrolled by sensing technologyeverywhere.Eating and drinking facilities were alsodesigned to respond to various devices that overturn the traditional image of agriculture.A metallic volume that continues from the adjacent tomato house is gently curved alongthe terrain. There are three layers of seats: indoor, semi-indoor, and edge deck. Enjoy aview of the city of Kobe over the Seto Inland Sea.For thefully-open folding door sash,we used plastic sheets purchased at home centers without using glass.Various agricultural facilities are scattered on a vast site, and plan to continue todevelop in the future. The on-site of primary industry production is actually the richest,most enjoyable, educational and very cool.