所在地:東京都墨田区
用途:コミュニティ施設
延床面積:80.2m2
撮影:Jeremie Souteyrat
完成:2016年5月

メルティングポット

まちの化学実験室

歴史ある薬品会社が運営する、新しいタイプの体験型コミュニティ施設。両国駅から程近い古いビルの1〜2階を改修し、誰もが身近に化学の力に触れ、楽しみながら学べる場所とし、木造(一部鉄骨)の建物の構造補強を行いながら、床を抜いて吹抜けを設け、古いものと新しいものが融合し、楽しい化学変化が起きるようなデザインを目指した。

化学実験室、というイメージが持つわくわくするような魅力を具現化するために、ラフな仕上げでありながら一方で機能的で規律正しい構成とし、実験器具や黒板など、懐かしいモチーフが散りばめられることで、「新しいけど親しみのある未来」を空間化した。

 

Melting Pot

A new type of interactive community facility operated by a historical pharmaceutical company. Renovated the first and second floor of the old building nearby Ryougoku Station. A site where anyone can be familiar to the wonders of chemistry and enjoy learning. Reinforcing the structure of the wooden (part steel frame) building, we extracted the floor in order to provide a vaulted ceiling, aiming for a design that would stimulate fun chemical reaction to occur by fusing old and new together.

In order to embody tingly charms of a chemical laboratory, we gave a rough finish while having functional and disciplined composition, dressed up with nostalgic motifs such as experimental instruments and blackboards, succeeded in bringing out “Stylish but a favorable future” spatial impression.