所在地:東京都渋谷区
用途:商業施設
延床面積:56.6m2
完成:2013年10月

Smoorela

壁の内側と外側で兼業する

スムージーをメインとしたドリンクバーと、リラクゼーションマッサージとの複合店舗。それぞれ独立した営業でありながら、体の外と内から健康にするというテーマでつながっていて、オーナーも共通である。限られた面積のなかでスタッフとゲストの動線が交わらず、
かつ緩やかにひとつながりの空間と感じられるように、タイル張りの湾曲する壁のみで平面を計画した。単純な箱とカーブする壁面の組み合わせによって多様な空間が生まれ、壁の内側と外側が反転していくことで、それぞれの業態に的確に対応した空間となった。

Smoorela

A mixed-used building for smoothie drink bar and relaxation massage. Although they are independent businesses, the connection is there based on the theme of making the body healthy from inside out, and is owned by the same owner. The flow lines of staff and guests do not intersect within a limited area so their spaces can feel separate from one another, but the plane surface made by tiles on the curved wall create a moderate connection. Variety of space is created by the combination of simple box and curved wall surfaces, and as the inside and the outside of the wall inverted, the space corresponded exactly to the two business styles.